左手が命!plusのブログ

ルービックキューブ、主に片手競技(OH)について

OLLトランプカードの作り方(絵柄データ付き)

どうも~plusです。

 私が考案したOLLトランプカード、結構反響があってうれしいです!

ぜひ皆さんに遊んでほしいので、作り方(といっても簡単ですが)を紹介します。

 

 

【用意するもの】

・普通のトランプ2組(100円ショップで購入、プラスチック製の方が耐久性よさそう)

OLL57種+Skipのカードを作るので、トランプ1組(54枚)では足りません(泣)2組購入しましょう。

どうやらトランプには大きく分けて2種類のサイズがあるらしいです。しかし、ダイソーで購入したものはどちらにも当てはまりませんでした。

ポーカーサイズ 約63mm×約88mm

ブリッジサイズ 約57mm×約89mm

ダイソーサイズ 約57mm×約87mm

f:id:plus_OH:20190705151630p:plain

ダイソーで購入したもの。どちらもほぼ同じサイズでした。

 

・シール用紙(100円ショップで購入)

ãã¤ã½ã¼ã®A4ã©ãã«ç¨ç´ã»æ®éç´ã®ç»å

ダイソーで購入したもの。貼り付けた後にうっすら元のトランプの絵柄が見えますが、そんなに気にならない程度です。

 

セリアには同じ5枚入りで光沢紙が売っているらしく、試してみたいですね。

100均「シール用紙・ラベルシート」の商品一覧。ダイソー、セリアの枚数と対応プリンタ

 

f:id:plus_OH:20190705142055p:plain

↑ 家電量販店で購入したこちらも試しましたが、紙が薄くて元のトランプの絵柄が少し目立ってしまいました。

 

 【作り方】

①シール用紙にカードの絵柄を印刷する

よければこちらの絵柄データをお使いください。 

drive.google.com

 

普通紙と同じ設定で印刷できました!

f:id:plus_OH:20190705153922p:plain



②カットする

カットしやすいようにガイドマークを付けてあります。

f:id:plus_OH:20190705153952p:plain



③トランプカードに貼り付ける

場合によっては剥離紙に切り取り線が入ってない箇所があるので、頑張ってはがします。(深爪だときびしい)

母体となるトランプカードからはみ出しさえしなければ、問題なく遊べると思います。

f:id:plus_OH:20190705154028p:plain f:id:plus_OH:20190705154117p:plain

 

 

完成!!!

f:id:plus_OH:20190705154146p:plain 

 

ちなみにシールを貼り付けた分だけ厚みが増すので、元のトランプケースには入りません(泣)

とりあえず輪ゴムでカードをまとめ、ケースを挟んでさらに輪ゴムで止めて持ち運んでいます。

 f:id:plus_OH:20190705154323p:plain f:id:plus_OH:20190705154350p:plain

 

OLLトランプという名前にしてますが、虚構CUBE新聞さんの記事にもあったように百人一首のような札取りゲームとしても遊べます。遊び方は皆さんの発想力次第、未知数です。

 

 

ツイッター上でもアイディアをどんどんつぶやいてください!

ハッシュタグは、”#OLLトランプ” で行きましょう~

 

 遊んでみた感想や詳しい遊び方など、また記事にすると思います。

 皆さんも色々遊んでみてください!

あっと驚く!?「OLL番号」有効活用法

どうも、plusです。

東海大会お疲れさまでした~

 

やっとOHで賞状とりましたよ(何年かかってるんだ、しかもおこぼれ入賞)

両手ではとてもとても歯が立たないFushimiさん、Asatoさんと同じ表彰台に立てて光栄でした。

BLDも優勝できてよかったですね~

後輩のけいてぃ君と一緒に表彰台に立てたし、とても思い出深い大会になりました!

 

本当は東海大会についてのブログを書きたいところなんですが、地獄の3週連続ゼミ発表や急なラジオ出演、浜松でのレクチャー会、はまきゅ~(仮)※の新歓などが重なり、(まだ)手が出せていません。

 

静岡大学浜松キャンパスルービックキューブ同好会(←長すぎ!)の愛称候補です。

正式な決定は、今しばらくお待ちくださいm(__)m (ゆる募:意見やその他の候補)

 

 

東海地方は今盛り上がっていますよ!浜松でもこれからイベントを開催していきます!

もしブログをお読みの方で、浜松・静岡近辺の方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加ください~

 https://atnd.org/events/107146

 

 

 

さて、今回の話題は、

「OLLの番号」

についてです。

ときどきTLでも話題に上がりますよね。

1, 2か月ほど前には新しい名称のつけ方が話題になりました。マグネティッカーさんがいろいろ連投していた気がします。 

 

 

(ちなみに私の命名法は不発だったようです(´・ω・`)ショボン)

 

 

気を取り直して。

PLLはほとんどの人がアルファベット(大文字)の記号を覚えていると思います。小文字の区別も結構浸透しているんじゃないでしょうか。もちろん私はJとNしか区別できません。Gなんて論外()

余談ですが、昔はアルファベットではなく1~21の番号が振られていました。知らない人もいると思うので一応。(例:T-perm → n8)

 

f:id:plus_OH:20190702195053p:plain

 

一方でOLLはPLLに比べて定着率が低いです。数が多いので仕方がないことなんですけどね。果たしてこの「OLL番号」、すべて覚えている変態強者はいるのでしょうか。そういうへんt強者同士では、きっと番号で手順について話しているんだろうなぁ。

まあすべて覚えていなくても、特徴的なものであったり、OLL表を見ながらあーだこーだ番号で話すことはあると思いますが。

 

 使うことがないことはないにしろ、あまり出番のないOLL番号。 もっと使わないともったいなくないですか?せっかくあるのに!

きっとOLLちゃんはPLLちゃんの方がチヤホヤされてて嫉妬していると思います(?)

 

 そう思った私は、OLL番号の使い道がないか考えたところ、みんなで楽しめる遊びを2つほど思いついたので皆さんに紹介したいと思います。

 

 

 

①【OLLじゃんけん】

GPAじゃんけんならぬ、OLLじゃんけんです。

ルールはいたってシンプル。F2Lまでソルブし、出たOLL番号の大きい人が勝ちです。

 

ドットOLLは最弱4位までを独占&最大でも20なので、ほとんどの人がスレッジハンマーなどを使用して確実に避けてくることが予想されます。

EOをコントロールして 安定的に21~27を出す戦法もありですね。守りに強いタイプですね。

中にはWVやSV, OLSを使ってskipを出しにきたりする変態強者がいるかもしれません。そのようなへんt強者がいる場合、skipはゼロ(最弱)というルールにしてしまえば解決です。あっぱれ。

 

 このOLLじゃんけんは、キューブとOLL表があればすぐに遊べるので手軽です。

 何か決めごとをする際にいかがでしょうか。

 

f:id:plus_OH:20190702195034p:plain

出典: https://cubevoyage.net/wp-content/uploads/2015/04/OLLpatterns.pdf

 

 

②【OLL大富豪】

用意するもの:トランプ(OLL ver.)

簡易的に、既存のトランプにOLLを印刷したコピー用紙をはり付けて作製してみました(結構いい感じ)

 

 

遊び方:キューブをn回ソルブし、出たOLLのカードを手札とします。(n = 10くらいがちょうどいいかな?)

あとは大富豪のルールと同じです。

skipはジョーカーにしたり、6手OLLには「8流し(8切り)」、みんな大好きSune・Anti-Suneには「7渡し」、数の多いL字OLLには「Jバック(11バック)」の効果を持たせたりするなど、ルールを工夫すればいくらでも楽しめると思います。

 

個人的にはマーク縛りの代わりにエッジの種類(点、チョキ、まっすぐ、クロス)やコーナーの種類、(H, Pi, U, T, L, Sune, Anti-Sune)、 U面色の個数縛りとかにしたら面白そう

 

問題は同じOLLが出たらどうするかですね~

同じカードをたくさん作っておけば、2カードや3カードとかができて強そう。もしくは同じのが出たら手札追加なしとかでもいいか、枚数減るし。

 

OLLをPLLに置き換えたり(1~21の番号を使用)PLLも混ぜたりすれば、より多くの人が楽しめたり白熱した戦いになったりするかもしれません。

 

 

 

これらの遊び方の何がいいかって、

 

”タイムに関係なくみんなが(ほぼ)平等に楽しめること”

 

ですよ(大声)!!!

 

 

簡易LBLの人も一緒に遊べるという点もうれしいですね。

(Rouxerの皆さんも簡易LBLならできると信じて)

 

 

同好会活動をしていて思ったんですよ。タイムが近い人同士だと競争して盛り上がるんですが、そうでないとなかなか...。ハンデ戦もありますが、ネタがもたないしBLDばかりやることになって疲れる)

 

 

 

今回提案したこの遊び、サークルやCCKなどの集まりでやれば盛り上がるのではないでしょうか?

本当は身内(はまきゅ~(仮))で遊んでからブログにしたかったんですが、世界大会やCCKが近いので、もしかしたら流行るかな?という期待を込めて思いついたその日に公開しました。

やってみて盛り上がらなくても文句は受け付けません

 

少しでも面白そうだと思った方、ぜひ1度遊んでみてくださいね!

感想や意見等あればうれしいです。

 

ではまた、メルボルン  CCK  浜松のレクチャー会で!

 

関西大会2019へ行ってきました!

皆さんこんにちは、plusです。

 

関西大会2日間お疲れさまでした~

雑ですが感想を書き留めておきます。

暇つぶしにでも読んでくださるとうれしいです。

 

 

【大会への意気込み】

昨年の日本大会、OH決勝。0.08秒差で賞状を逃し、挫折。同年夏の京都大会にさかのぼっても、0.09秒差で4位。一昨年の日本大会にさかのぼっても、0.21秒差で4位。ひたすらつらい。なぜこんなにも賞状が取れないのか。

もう嫌になり何か新しい競技を始めようと決めました。後輩(けいてぃ君)や'95世代(OKADA SANさん、きっくんさん、enotsさん、辻利さん)がBLDをやっていたため、これを機に本気で取り組むことにしました。お金もかかりませんし

 

M2OPで3~5分くらいの実力からのスタート。それまで使っていた変態ナンバリングを改めたり、レターペアや3-style手順、場所を考えたり。BLDの世界を知るたびにどんどん楽しくなってのめりこんでいきました。僕は省エネ派(?)で非効率なことが嫌いな人間なので、いきなり3-styleに手を出すと決めました。おかげでそれまでまじめにやっていなかったこともありどんどんタイムが速くなり、高いモチベーションを維持できました。

 

3-styleへの移行ですが、にわか(セットアップ多用)ではありますが1か月程度で完了しました。望月さんやタニシ君の記事には大変お世話になりました、感謝です。

ameblo.jp


tanishicube.blog.fc2.com

 

 

僕は昔から記憶力には自信がある方だったため、目隠しを始めた頃はMBLDが1番やりたい!と思っていました。そのためにはまず3BLDが速くならないと話にならないということで、力を入れました。

 

2分を切れるようになってきたので、MBLDの練習を始めました。

 

場所は昨年の夏に参加したインターンシップ先の会社とその周辺を使っています。計24社ある、時系列が使える、毎週のように月~金まで別の会社に行っていたため5個区切りにちょうど良い、というメリットだらけだったので採用しました。

人生何の経験がどこに活きるかわかりませんね笑

 

NR1桁が欲しく、キリがいいため15/15を目標に練習してきました。

練習では約10回中2度成功。

 

4BLD, 5BLDも合間を見つつちょこちょこ練習しました。

BLDはDNFがあるため、おこぼれ入賞があります。OHにBLD系4種目を加え、入賞ワンチャン種目が5つもあれば、1枚くらい賞状を持って帰ることができるだろうと信じ、大会に挑みました。(研究室の皆にも、賞状とったらお土産買ってくると宣言してきました笑)

 

【大会当日】

5BLD

前日の夜に研究室の新歓があり、睡眠時間4時間というあまりよろしくないコンディションで挑みました。(お酒は1滴も飲んでいません)

1試技目。集中力の欠けからか、セットアップを回したかどうか忘れたり、どこまで実行したか忘れたり散々でした。案の定バラバラでした笑。バラバラすぎてスピード解法で直しました()

2試技目。1試技目のあまりの揃ってなさに笑ってしまい、リラックスした状態で挑みました。が、途中でセンターコミュテータを逆サイクルで回したかもしれないという気分になり、2分の1に賭けて回しなおしました。半分ダメかなという気持ちで最後まで実行し、目を開けるとそろっていました(13分22秒、公式PB)。ジャッジのおじ君が一緒に喜んでくれました(^^)/

3試技目。2試技目で公式PBを更新でき、meanも残らないため思い切って速くやることにしました。記憶はいつも通り、実行を爆速で行ったところ、なんと成功。11分32秒で人生のPBです!!!

 

これは入賞したかも!と意気揚々だったのですが、結果は4位。タニシ君速すぎいい!

おかげでPodium misser WR2になりました、いぇーい笑

↑↑ほんとそれ笑

 

OH

これは練習していないのであまり緊張しませんでした。

SuneからのU-permで公式単発PB更新しました笑(12.06)。平均15.46なのでまずまずの結果。決勝進出しましたが、6位に終わりました。

 

3BLD

これは練習してきたのでかなり緊張しました。4BLD, 5BLD, MBLDの公式記録はPBQで残していましたが、3BLDは初出場であり、first single, first averageの記録も意識していました。

1試技目。緊張しつつも成功(55.80)。1発でsub60達成しました!ちなみにfirst single NR1, WR5です!!!(暫定)

2試技目。分析をミスって時間がかかってしまったせいか、実行で焦ってDNF。first averageは残せませんでした。

3試技目。59.81(+2)。まあまあですね。

こちらも決勝進出しましたが、6位に終わりました。

 

 

4BLD

1試技目。センターDNF(6:40くらい)。つらい。

2, 3試技目は記憶が飛んでしまい、3分間ぐらい止まってしまいました。結局思い出せず、DNF。ジャッジをしてくれたにんにく君には申し訳なかったですm(__)m

完全に後の祭りですが、入賞ラインは9分だったので、置きに行けば入賞できました(´;ω;`)

入賞ワンチャン種目、残るはMBLDのみです。

 

 

MBLD

スクランブル中に場所をたどり、どんなストーリが出てくるか楽しむぞという気持ちで挑みました。途中で暑くなり、上着を脱ごうかと思いましたが、ハーモニカスタンドをパーカーのフードに食い込ませていて脱ぐのに時間がかかると思い断念。腕をまくり、気を取り直して記憶に集中しました。COが多かったのですが、同じような場所にCOがあるものがあったため、なんとかなりました。

実行で1個1分かかるのを見越し、普段は45分で実行パートに入るのですが、COが多くて不安になり、1~10個目の見直しを追加で1回行いました。

実行に入ったのは48分前後だったと思います。これは爆速で実行しないといけないと思いながら回し始めました。復習を2回したせいか、いつもよりポンポンストーリーが浮かび、これはいけると思いながら回していました。

目を開けると、そこにはきれいに揃い、整列された15個のキューブがありました。全成功です、やりました!!!達成感!!!

他の競技者の結果を聞いて入賞が確定したとき、ついに・・・・夢だった表彰台に立てる・・・!もう胸がいっぱいでした。(´;ω;`)

 

 

 

後輩のけいてぃ君も5/5で全成功!すばらしい!!

静大MBLD全成功委員会発足待ったなし!?

静大ブラハr……ゲフンゲフン、BLD推進委員会もどうぞよしなに)

 

Sakakiさんにこう言っていただけたのは本当にうれしかったです(´;ω;`)

実力で獲得した賞状だと言い張れます!!

 

夕飯はKUbersの方々とご一緒させていただきました~

初日に東海勢で行った店と同じです笑

BLDについて語り合うことができてとても楽しかったです!

タムテル君NRおめでとうございます!!!

 

次の目標は20P(20/20)です。 これからも頑張ります~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、

OHは引退しません!(うえしゅうさんに抜き返されてくやしいので)

 

それではまた大会等でお会いしましょう~

僕が次に出るのは東海大会の予定です!

 

追記

ゆにゆにさん、お土産おいしかったです~

1個落としてしまってごめんなさいm(__)m

ズエさん、また大会で直接お話しましょう~笑

日本大会2018感想

 

どうもplus(プラス)です。

日本大会から1ヵ月が経ちましたね。普段会えないキューバーとの交流、後輩の活躍、トップキューバーのソルブ観戦、とても楽しい2日間でした。

出場できたことに感謝ですね(^^)

すでに今年の日本大会が待ち遠しいです。

 

本当はもっと早く感想記事を書きたかったのですが、日本大会以降BLDにはまってしまい・・・

 

 

こんなことしていましたm(__)m

ちなみに5BLDも無事成功しました(年越ししてからですが)

 

 

現在は3BLDを中心にやっていて、3-cycleに絶賛移行中です

それまでトリコンのためだけに週1度しかやらず、M2OPで5分程度の実力からのスタートであり、成功率がかなり悪く苦戦していますが懸命に頑張っております。

 

そんなこんなで、遅くなりましたが日本大会の結果報告を簡単に。

 我が同好会の期待の星、けいてぃ君が大会初出場ながらBLDでmeanを残すというすごいことをやってのけました!

 

 

これは本当にすごいです。すごいとしか言いようがありません。(しかも速い)

だって初参加の大会の最初の出場種目ですよ!?(しかも日本大会)

彼曰く心臓はバクバクしたそうですが、きちんと成功させるあたり、さすがです。

彼を中心に目隠し同好会としてこれから活動していきます()

 

 

私個人の結果としては、

”OH avg 14.55で念願のsub15を達成!!”

これに尽きますね。2016年9月の立川大会でavg15.20を出して以来、2年以上もPBを更新できずに悶々としていました。非公式ではao100でsub14しているので決して出せないタイムではなかったのですが、呪縛から解き放たれたかのようにとてもうれしかったです。

(目が潤んで半泣き状態でした😂)

ジャッジをしてくれたにんにく君に感謝です!

(ちなみに表彰されない呪縛からは逃れられませんでしたorz)

 

他にもMr.全種目という方がいたり、MBLDに誘われたり、はすたむシールもらったり、ネタが尽きないとっても楽しい2日間でした。皆さんまたお会いしましょう!

 

 

 

OH(片手)のコツ【クロス編】

 

どうもplus(プラス)です。

日本大会から1ヵ月が経ちましたね。普段会えないキューバーとの交流、後輩の活躍、トップキューバーのソルブ観戦、とても楽しい2日間でした。ルービックキューブ楽しい!

 ※感想は別記事へ移動しました

 

 

以前私はTwitterでこのような投票を行いました。

 

 

片手をやろうとするときにつまづくところはどこか知りたかったのと、何のことから書こうか迷ったので、投票率が高いものを優先して書こうと思い意見を募りました。

 

予想通りクロスが半数近くを占めており、次にPLLが難しいという結果になりました。

 

F2LはR, U, L系を主に回すので、両手と同じ感覚で回せると思います。ちなみに私はF, B系や2層回しを用いるもの(いわゆる変態F2L)は一切使用していません(両手でも)。単純に回しにくい&先読みしにくい&EOが変わってしまうので・・・

例外として、F2L#4における全エッジ反転回避および上面クロス形成のためのスレッジハンマー(R' F R F' とか)のみ用いています。 

  

LLにも票が集まりましたね。世の中には片手用手順なるものが存在します。せっかく頑張ってLL覚えたのに片手のために全部覚えなおさなくちゃいけないの?と思うかもしれませんが、流用できる手順はかなり多いです。

私はだいたいPLLは21個中8個、OLLは57個中9個において両手と異なる手順を回しています。(PLLは開始面ごとに分けていたり、OLLは片手の場合かなりの数のOLLCPを使っているので厳密に数えられませんが参考程度に)

 

要望があれば手順を公開したいと思うので気軽にコメント等してください。

 

 

 今回はクロスについてです。 

私自身クロスはまだまだ未熟で、成長途中ではありますが、片手をやってきて気づいたことがいくつかあるので皆さんに共有したいと思います。

 

コツはたった一つ、

 

”持ちかえを極力避ける”

 

これに尽きます。

 

持ちかえはかなりのタイムロスとなるからです。これだけでは漠然としているので、持ちかえを避けるための具体的な目の付け所・コツをいくつか紹介したいと思います。

 

コツ1【D面を積極的に回そう】

これは両手でもよく使うと思います。実際には z' 持ちかえしてR面を回す感じです。

R' D R' (z' U' R U')

同一列上(?)にある複数のパーツを一気に入れられます。 

 

youtu.be

 

コツ2【F, F', B'を回せるようになろう】

本当は”B”も回せるほうがいいのですが、私自身うまく回せないのでBは使っていません。B'は実際にはF'wのように回します。

R B'(R F'w z)

youtu.be

 

 コツ3【2層回しを活用しよう】

ソルブ開始時にクロス色をB面に持つと複数のパーツを入れやすいときに使います。最後の1パーツを入れるときに2層回しでクロス色をD面に戻すという感じです。

 

(白色B面で) R U' Rw

 

youtu.be

 

コツ4【F2Lを思いやろう】

最後の1手の前にU面を回してF2LをIT化したり、見やすい位置に持ってきてスムーズにF2L#1へとつなげましょう。

 

U' R (→ R U R'とつなげる)

 

youtu.be

 

 

Example solve

1.D' L2 D' L2 R2 D L2 R2 F2 D L2 R U R2 B L F' D L' F2

youtu.be

z2 y' R' D R2 F' L D F'

 

2.L' U' F U D' F' R B L D' L2 B' R2 F2 U2 L2 U2 B U2 L2 U2

youtu.be

x F' R U' Rw F R' U'w

 

3.U2 L R F2 R' D2 R2 F2 D2 R F2 D R2 F' L D' B' D R F' U'

youtu.be

x R U' F'w D Rw D

 

4.F' U2 R2 F D2 B2 R2 D2 F' D2 L' D' R B2 L D F2 L2 F' U' B 

youtu.be

z2 y' R D2 F' R U'w U R (→ U2 R U R')

 

今回取り上げたクロスは紹介したコツが有効に使え、かつある程度難しいものです。

クロスは多様なパターンがあり、例はいくつあってもいいと思うので、OHクロスbotの運用を始めました!

毎日更新を目標に頑張りますm(__)m

 

 

 

来週の綾瀬(終わりました)、4月の関西大会と、片手の大会が予定されています。出場される方は頑張ってください!

 

次回はOLL編ということで、”COLL・OLLCPのすすめ”について書こうと思います。

本当はF2Lについて書く予定でしたが、すばらしい記事が上がったので後回しにします。そちらをぜひお読みください。片手でもほとんど共通です!(文中で述べたように、私はF2L#4のスレッジハンマー以外はめったにF系は回しませんが)

 

poppivotdnf.hatenablog.com

 

片手は両手に比べてどうしても回転スピードが劣ります(使える指が半分なので当たり前)。ということは、その分先読みがしやすい、いや、だからこそ先読みをして手が止まらないようにしなければなりません。そのためにはEOの概念はとても重要です。理解さえしてしまえば先読みが格段に楽になります!

片手の練習で先読みを鍛えれば両手も速くなるかもしれませんよ!?(強引な片手への誘導)

あながち間違いではなく、実際に私は練習しなくても両手が速くなりました(もちろん練習すればより速くなると思います)。

 

それではまたOLL編で!

 

片手との出会い

お久しぶりです、plusです。

大学の夏休みも終わり、もう10月ですね。

私は院生なので、夏休みも返上して研究にいそしんでいました!

 

・・・と言いたいところですが、就職活動を来年に控え、様々な業界のインターンシップに参加しまくっていました。

(とはいえ学会シーズンなので、ちゃんと学会も出ましたよ!)

 

会社を自由に見学できるのは学生の特権なので、インターンシップという機会を利用して社会勉強をしました。

 

私は工学専攻ですが、製造業だけでなくITや運送、外食チェーン、病院など、20社以上のインターンシップに参加しました。

平日はほぼ毎日どこかしらの企業に出向いていたので、正直大変でしたが、普段はできない経験を積むことができ、とても勉強になりました。

 

 

そんなこんなであわただしい2か月を送り、キューブもあまり練習できていませんでした。

(1週間で200回程度だったでしょうか。普段は毎日100回程やっているのでかなり少ないです・・・)

 

 

ブログの更新も滞っていましたが、先日ShotOutLaw君が片手の記事を公開し、刺激を受けたため、書きかけの記事を仕上げました。

 

ShotOutLaw君の記事はこちら!↓↓↓

blog.livedoor.jp

 

私も彼の言うとおり、初期投資・追加手順ゼロで気軽に始められる競技のわりに人気がないのはなぜだろうと思っています。

片手の大会も少ないですし・・・(特に今年は(´;ω;`))

 

ぜひ彼や私の記事を読んで、一人でも多くの人が片手競技を楽しんでいただけたら嬉しいです(^^)/

 

 

さて、今回のテーマは

 

”私が片手を始めたきっかけ”

 

です!

 

 ほぼ自分語りですが、自己紹介や片手キューブ経歴の紹介も兼ねているのでお付き合いくださいm(__)m

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

7年前、高校1年の12月頃だったと思います。OLLか何かの手順を検索していたところ、

 

「(OH):R U2 R' F .....」

 

というような表記を見つけました。

OHって何だ?(。-`ω-)と一瞬思いましたが、スルーしました。

 

別の日にまた手順を検索していたところ、OHが片手(One-Handed)という意味だと分かり、衝撃を受けました。

 

「片手なんかでそろえるのか!( ゚Д゚)」

 

これが私の片手人生の始まりでした。

試しに片手でやってみたところ、1分24秒。(当時の両手は17秒ほど)

練習を始めた当初は左手がバッキバキになった覚えがあります。

利き手じゃないのが本当にありがたかった(^.^) 

 

1~2ヵ月ほどでsub40(追加手順なし)、高校卒業時にはsub25ほど(OH用PLLくらい覚えたかも?)になりました。

 

大学生になってすぐの4月に、人生2回目&2年ぶりの大会であるJapan Contestに出場しました。

当時は片手がメイン競技というわけではなく、試しに出てみようという程度でした。

両手が準決勝敗退(平均14.11)という結果に対し、なんと片手は8位であり、ボーダーギリギリでしたが決勝に進むことができたんです!!(平均22.87)

 

「両手では速い人に勝てない。片手だ!」

 

そう悟った私はこれを機に、ほぼすべての練習を片手にささげることにしました。

 

そうして、非公式avg12では、 翌年の大学2年夏にsub15を達成。

同年の日本大会で5位になることができました(^^)/

 

その後も順調に実力をつけ、avg12で大学3年5月にsub14、院1年5月(今年)にsub13を達成しました。

 

同時にavg100でもsub14を達成しましたが、なんとまだ公式avg5でsub15できていません( ;∀;)

日本大会決勝でsub15して入賞します!!!!!

(ちなみに去年は日本人3位だったけど日本大会4位で表彰されないというもどかしい結果でした:;(∩´﹏`∩);:)

 

 

 

次の記事ではいよいよ片手のテクニック的な部分に触れていこうと思います。

両手がめちゃくちゃ速いわけじゃない私が(普段ave100で12秒台くらいです)、なぜ片手で速くそろえることができるのかということについて書いてるので、お楽しみに!

 

 

 

執筆予定の内容

こんにちは、plusです。
今年は去年と違いとても暑いですね。キューブをやっているとすぐ汗が出てきます(-_-;)

最近は研究・講義のレポート・学会の準備・インターンシップの準備等に追われていて、1週間があっという間です。
(なぜこんな忙しい時期にブログをはじめようとしたのでしょうか・・・)

記事を書きたい気持ちはあるのですが、ほかにやるべきことが山ほどあるので後回しになってしまっています。
のんびり更新していきますね。

さて、今回は表題の通り、今後どのような内容を発信していこうかという内容を発信しようと思います(?)

・片手との出会い
・片手の魅力
・片手のコツ(できれば手順も)
・私が代表を務める同好会のこと


などなど、キューブに関する所感をみなさんと共有していく予定です。
今後、片手競技が盛り上がるといいですね!